ベトナムで日本の商品を購入するならおまかせください。お客さまのもとに確実にお届けいたします。最短当日受け取りも可能です。

現在、カートには商品が入っておりません。

小計: VND 0

仏像に甘茶をかける花まつり

花まつりとは

クリスマスほど国民の行事となっているわけではありませんが、4月8日はお釈迦さまの誕生日です。

日本では、灌仏会、花まつりともいわれています。
善男善女が小さな仏像に甘茶をかけてお祝いします。

割りと地味なお祭りですが、仏像の周りに飾られた花と甘茶をいただくのが楽しみで、よくおばあちゃんに連れて行ってもらったことをおぼえています。

ホーチミンというかベトナムではあまり一般的ではないようですね。どうなんでしょうか。
ベトナムは陰暦で計算するので、2016年だと5月21日がお釈迦さまの誕生日にあたるようですね。
東南アジアの国々だと、タイ、カンボジア、インドネシア、 マレーシアやラオスでも時期は多少ずれますが、お祝いしているようです。

甘茶の花

甘茶って甘いの?

仏像にかける甘茶というのは、アマチャから作られるお茶のことで甘みがとても強いお茶です。
お茶といってもカフェインは含まれておらず、苦味のもとのタンニンがはいっているくらいです。
あと、ダイエトにうれしいノンカロリー。
昔の人は、これで甘みをとっていたんですかね。

甘茶のことを調べていて発見したのですが、子どものころ、おばあちゃんが作ってくれたのはアマチャヅルのお茶で本当のアマチャではないみたいです。ガーン。
どっちも甘茶は甘茶ですが、正式にはちがうようです。

残念ながら、agatajapanでは甘茶の取扱がありません。
かわりに抹茶をつかった商品がいっぱいあるので、そちらを紹介しましょう。
抹茶も仏教に縁が深いものなんですが、そのあたりはまた次の機会にでも。

抹茶ドリンクはもはや世界的に有名ですよね

どの商品も抹茶にこだわったものばかりです。おこさま向けには、ミルクと砂糖たっぷりのラテ系もあります。

みんな大好き抹茶アイス

抹茶の苦味と甘味がミルク感たっぷりのアイスやあずきとよくあいますよね。

人気のジャンル

食品・ドリンク

view more

    Giao Luu Am Thuc Viet-Nhat

    view more