2017年10月05日にベトナム国営放送VTV2で放映された「Giao Luu Am Thuc VIET-NHAT(日越文化交流)」の第8回で紹介された料理のレシピと、使われた日本食材をご紹介します。

◆料理番組「Giao Luu Am Thuc VIET – NHAT 〜日越文化交流〜」

ベトナムの視聴者にとって庶民的で有名なベトナム定番料理をベースに、ベトナム人シェフと日本人シェフが、互いにアイデアや技を出し合いながら "ベトナム×日本" の新たなアレンジ創作料理を生み出す!!グルメドキュメント&グルメ情報番組です。

毎週木曜日18:00〜18:30
毎週土曜日14:20〜14:50(再放送)
ベトナム国営放送VTV2にて放映中!

続きはこちらをご覧ください。

両シェフに選ばれ使用された
日本直輸入の食材はこちら!

ベトナム人シェフVo Quoc氏が作る
「ブンタン」

ブンタン

【材料】

鶏半身、卵2個、ベトナムポークソーセージ100g、豚骨500g、細麺1.5kg、干しエビ100g、干しイカ、エビ200g、ネギ、パクチー、乾燥ネギ、焼き生姜、マッシュルーム、干し大根
☆調味料:エビペースト、魚醤、氷砂糖、米酢LISA、Aji-ngonチキンフレーバー調味料、味の素

【つくりかた】

- 鶏を洗い、茹で、調味料と乾燥ネギ、焼き生姜を加える。火を弱め、中火で鶏の中まで火を通す。
- 鶏を取り出し、冷水を入れたボールに入れ、さく。
- 豚骨を茹で、取り出し、冷水を入れたボールに入れる。
- 豚骨を調味料とともに香りが出るまで炒める。水を捨て、Aji-ngonチキンフレーバー調味料と味の素を加える。干しエビを洗い、香りが出るまで炒める。
- イカを焼く。
- だしをつくる:鶏だしを使い、エビ、マッシュルーム、氷砂糖少々を加えて2〜3分ほど煮る。鶏だしと豚骨だしを混ぜ、火にかける。Aji-ngonチキンフレーバー調味料と味の素を加えて味を整える。
- 卵を混ぜる。フライパンに油をひき、卵を薄焼きにする。
- 卵を冷まし、細切りにする。
- エビを茹で、殻を取り除き、細かく刻んで油と魚醤で炒める。
- ベトナムポークソーセージを細切りにする。
- 大根をぬるま湯で浸したあと、沸騰した湯で洗い、酢と砂糖とあえて30分置く。
- パクチーとネギを細かく切る。

日本人シェフ・西山料理長が提案する
「冷製すだち麺」

冷製すだち麺

【材料】

半田手延べ麺(2〜3束)、とろろ昆布(適量)、ボイルエビ(2〜4尾)、貝割菜・姫トマト・胡瓜(適量、お好みで)、生姜おろし(適量)、生すだち2〜3個
☆合わせだし:水または昆布だし汁1400cc、白だし120cc、めんつゆ20〜40cc、すだち果汁20〜40cc

【つくりかた】

(麺のゆがき方)
1. 鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰させ、中火におとす。
麺をまわしながら鍋に入れ、箸でかき回しほぐし強火に戻し沸騰させる。沸騰したらコップ1杯の水を加える(さし水)。
2. 麺を軽くかき回しつまんで麺に火が通ればザルに移しかえ、流水で冷やし、よくもみ洗いする。(ポイント:麺の油を取り除く)
水分をよく切る。(冷水に漬けることで麺を締める)
3. 合わせだしを合わせて火にかけて一度沸かし、すぐ火を切り冷まし、冷めればペットボトル等に移しかえ冷蔵庫に入れ、よく冷やす。
4. 湯がいた麺を軽く冷水で洗い、氷水につけ、よく冷やし、水分をよく切る。
5. 丼などに麺を型良く盛り、上に好みの野菜、エビ等を盛り、丼のふちから回しながら冷やしただしをたっぷり入れ、上にとろろ昆布とすだちのスライスを飾り供す。